古雑誌&古本Re-Make/Re-Model

注文方法等について

POPS/ポップス

8月31日まで、2,000円以上の商品は一点で三割引、二点以上同時購入時のみ四割引となります。

注文NO. : Pops621101OtS

価格 : ¥27000

状態 : ホコリシミ有、背イタミ

在庫 : 有り

購入数  

創刊号

1962/11   創刊号・第1   音楽之友社   POPS/ポップス 』

『 口絵 』素顔~ミュージカルに憑かれた男:フランキー堺~ / 生活~スターの憩い:藤田佳子~ / カラー:ミカドの夜 / 来た人:ゴールデン・ゲイト・クヮルテット / 来る人:カルメン・キャバレロ / ニュース:ワンダラース エスパニョーレス トリオ・カリーベス // 『 特別記事~すり切れるスターたち:曲がり角にきたプロダクション~ 』 // 『 おいろけ放談:気にしなさんな 』渡辺紳一郎・石井好子 // こんなお店はいかが~”狸穴”ガスライト:安倍寧~ // 『 グラビア 』チャールトンを踊ろう~中尾ミエ・園まり・竹部薫~ / 二人で夜を楽しむコース // 『 無責任時代の無責任ジャズ談義~ジャズに強くなるシリーズ:福田一郎~ 』 // pops試写室~ジプシー 、ジャンボー~ 』 // 見砂直照と東京キューバンボーイズ:吉屋潤 // 誰にもできるマラカス:見砂直照 // 『 あなたもジャズ・タレントに 』才能をのばそう:浜口庫之助 / 魅力ある人に:渡辺美佐 / センスを生かそう:中林洋子 // 『 グラビア:男性読本 』スパークさせて:日本の男性はくどきべた~日劇ダンサー:島淳子 、春川ちづる 、藤嶺玲子~ / 色気たっぷりな地球の上に:日劇ミュージック・ホールへの招待 / pops stop~ミステリー 、ステージ 、テレビ 、映画~ / お酒のはなし:赤いスーツとカクテル / スター千夜一夜アルバム:三木鮎郎 // NEWS CORNER 』ステージ・レコード / TV・ラジオ / 海外トピックス / スクリーン // RECORD 』今月のpops推薦レコード”ずばりこれだ” / 11月の各社新譜から~ポピュラー 、ジャズ 、ラテン 、映画とムード 、シャンソン 、日本のポピュラー~ // 『 秋の夜をポータブルで 』 // 漫画の音色~おおば比呂志 、工藤恒美~ // 『 グラビア 』伝統の良さを着る:チャーミング・コーナー / ペギー葉山とステレオ:ショッピング・ガイド / マンハッタン:カクテル・コーナー // POPS MUSIC GUIDE // 『 創刊号お祝の言葉 』アイ・ジョージ / 高橋圭三 / 坂本九 / 中村八大 / 中島弘子 / 中尾ミエ / 藤木孝 / ペギー葉山

 

 

注文NO. : Pops630810OtS

価格 : ¥12000

状態 : 裏表紙上部少カキコミ有、強スレ、オレ、背カド微イタミ

在庫 : 有り

購入数  

1963/8   通巻10   音楽之友社   POPS/ポップス 』

『 口絵 』私のヒット・私のアイデア~パラダイス・キング:コニー・スティーブンス~ / クラウディオ・ビルラ / ロス・クヮトロ・エルマノス・シルバ / ハバナ・キューバン・ボーイズ / 渚のバカンス~弘田三枝子 、梓みちよ 、小野ヒロ子 、ボニー井田 、森サカエ 、コニー・フランシス~ / 茶の間に乗り込んだ裕次郎 / 九ちゃん、ジェリー ミュージカルに奮戦す / チコちゃん故郷へ帰る / 星由里子、歌うスターの仲間入り / 本場の迫力~ブロードウェイから来た13人の踊り子:ハッスルしたレヴュウ合戦 NDT / 宝塚歌劇 / 新宿コマ / 梅田コマ / OSK NDT 涼を呼ぶ人魚たち ミカドの水中ショウ // 『 特集:人気スター・パレード 』ワンマン・ショウは花ざかり / ガンバレ ニュー・ボイス // 青葉城跡の友情~わが告白的交遊録:志摩夕起夫~ // 新婚珍道中:高島忠夫 // 『 ナンシー・シナトラ物語:機材義二 』 // 十年目の新婚旅行:渡辺晋×渡辺美佐×谷啓 // 『 チエミ気が小さいの~この際言わせてもらおう:江利チエミ 、伊奈一男~ 』 // 『 連載小説~夜のテーマ:藤島泰輔~ 』 // 『 ミュージカルと僕:坂本九 』 // 『 未曾有のヒット:スキヤキ・ソング 』 // 『 太陽の子アイ・ジョージさんとの三十分:斉藤和子 』 // クレイジーはご機嫌よ~ジャズに強くなるシリーズ:福田一郎~ // 楽団めぐり~スマイリー小原とスカイ・ライナーズ:いノソてルヲ~ // ポップ・ストップ // ご自慢セット拝見:団令子さん // グラマー時代は去った~オーディオ・ガイド:葉山醇一~ // 海外ニュース // 『 映画 』ポップス映画劇場:裕次郎の体質改善 他 / シネアラカルト:大脱走 他 / 8月の日本映画 // 『 レコード 』今月のポップス推薦レコード:ずばりこれだ / 今月のレコード // 今月のシングル盤レコード:植木文朗 // 歌謡曲新譜レコード:岩花達夫 他

 

 

注文NO. : Pops640216OtS

価格 : ¥7300

状態 : 背・表紙イタミ、ホコリシミ有、スレ、裏表紙少イタミ、カドオレ

在庫 : 有り

購入数  

1964/2   通巻16   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:ドリス・デイ // 『 口絵 』ニュークリスティ・ミンストレルス / アニタ・オデイ / 門出:ジェリー藤尾 / ロミー山田 / 丸山明宏 / 本場で勝負のザ・ピーナッツ / これがフーテナニーだ / フーテナニー・フートを踊ろう / フォー・コインズ / これがミュージック・ホールだ // 『 特集:ブームを呼ぶかフォーク・ソング 』フーテナニーのこと:岡野弁 / 海の向こうのフォーク・ブーム:中村とうよう / ヒット・パレード界にみるフォーク・ソング:木崎義二 / フォーク・ソングのレコードとアーティスト:高山宏之 // 『 高英男~パリに歌いまくるダンディ:安倍寧~ 』 // 『 静かな情熱をもつ歌手~パット・ブーン:鈴木道子~ 』 // 『 親分の貫禄・サム・テイラー~わが告白的交遊録:志摩夕起夫~ 』 // 『 受賞を新たにスタートに~梓みちよ×舟木一夫:対談~ 』 // 『 “こんにちは赤ちゃん”はなぜこのようなブームを呼んだのだろう~六・八コンビのみごとな勝利:岡野弁~ 』 // 『 日本人の演奏家はどこへ行くか~スターは自衛する:宇佐美周祐~ 』 // 『 坂本九への手紙:小倉友昭 』 // 『 みかけによらぬ美人歌手~西田佐知子:久里洋二のマンガ対談~ 』 // 『 オリジナル曲名のもつ面白さ~ジャズに強くなるシリーズ:福田一郎~ 』 // 映画”フーテナニー・フート”:宮地燎三 // 海外トピックス:福田一郎 // 関西消息:広瀬勝 // 『 ハッスルしようぜ三人娘~後輩の梓みちよに先を越された形の三人娘(中尾ミエ・園まり・伊東ゆかり) 解散のうわさが飛んでいるのだが:定方崇~ 』 // ビルボード、キャッシュ・ボックスにみるヒット・ソング:高島弘之 // ラジオにみるヒット曲:植木文朗 // 『 ポップスレビュー 』話題をなげた師走興業:宇佐美周祐 / テレビ番組みたまま:植田正 / 外国の楽団による日本の旋律:中村とうよう // 『 トランジスター・ラジオで雪上のパーティ~オーディオ・ガイド:葉山醇一~ 』 // 『 連載小説~夜のテーマ・逆境の中の男:藤島泰輔~ 』 // 『 映画 』ポップス映画劇場:どうなる?64年の話題作 / シネアラカルト:春のめざめ / 2月の日本映画 // 『 レコード 』今月の推薦盤レコード~植木文朗 、林雅諺 、中村とうよう 、永田文夫 、関光夫 、木崎義二~ / 今月のシングル盤レコード:植木文朗 / 今月の歌謡曲新譜レコード // 『 掲載楽譜フォーク・ソング集 』バーバラ・アレン / 私の悩み / スモーキーの頂上で / シェナンドー / 漕げよマイケル // 『 新譜一覧表 』

 

 

注文NO. : Pops640317OtS

価格 :

状態 :

在庫 : 売り切れ

購入数  

1964/3   通巻17   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:ハリー・ベラフォンテ // 『 口絵 』ブラザース・フォア / エラ・フィッツジェラルド / グレン・ミラー楽団 / フォア・フレッシュメン / リンクの青春:三田明とヤング・ピンポンズ / クレイジー艦隊登場 / 重役兼歌手:アイ・ジョージ / 梓みちよ / テアトロン賞受賞式 // 『 座談会:日の丸は何本あがるか~ジャズ・オリンピックに参加すれば・・・:油井正一 、牧芳雄 、福田一郎 、伊奈一男~ 』 // 『 サンフランシスコ~競演のおもしろさ:青木啓~ 』 // 『 バイクでスタジオ通い~アン・マーグレット:宮地燎三~ 』 // 『 ロミ山田~本場帰りのお嬢さん:安倍寧~ 』 // 『 ラジオ・ヒット・パレード番組のすべて:木崎義二 』 // 『 飲んではふき吹いてはのむサム・テイラー~わが告白的交遊録:志摩夕起夫~ 』 // 『 強烈なエジプトのシンガー:庄司英樹 』 // 『 くるかショー・ビジネスの”ホテル時代”:宇佐美周祐 』 // 『 八波ちゃんのこと:高島忠夫 』 // 『 現代っ子歌手~高石かつ枝:久里洋二のマンガ対談~ 』 // 『 オリジナル・ジャズ~ジャズに強くなるシリーズ:福田一郎~ 』 // 吹きまくる”ビートルズ旋風” // 海外トピックス:福田一郎 // 関西随想:広瀬勝 // 『 時の人チエミをクローズアップする:岡野弁 』 // 『 喜怒哀楽:スター・ゴシップ 』 // 『 ヒット・パレード・コーナー 』海外誌にみるヒット・ソング:高島弘之 / ラジオにみるヒット・ソング:植木文朗 // 『 ポップス・レビュー 』五月みどり、北島三郎クラウン移籍の”点と線”:岡野弁 / ワシントン広場の夜はふけて大流行:中村とうよう // FM放送で時代の先端を行こう~オーディオ・ガイド:葉山醇一~ 』 // 『 連載小説~夜のテーマ・挑戦:藤島泰輔~ 』 // 『 映画 』ポップス映画劇場:おそるべきセヴンティーン / シネアラカルト:三文オペラ / 3月の日本映画 // 『 レコード 』今月の推薦盤レコード~植木文朗 、永田文夫 、林雅諺 、中村とうよう 、木崎義二 、関光夫 、藤岡公夫~ / 今月のシングル盤レコード:植木文朗 / 今月の歌謡曲新盤レコード:岩花達夫 // 『 三月新譜レコード一覧表 』

 

 

注文NO. : Pops640519OtS

価格 : ¥8000

状態 : 並

在庫 : 有り

購入数  

1964/5   通巻19   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:ジリオーラ・チンクエッティ // 『 口絵 』ジョージ・メラクリーノ / パット・ブーン / 競う外来アーティスト:四大ドラマー / エディ・コンドン・オール・スターズ / ビルヒニア・ロペス / トリオ・ロス・パンチョス / 国産ミュージカル映画の烽火 / 恵子の人気番組訪問:夢で逢いましょう / プレスリー:ラスベガス万才 田代みどり / スリー・ジャンプ / 日本のミッチー・ミラーめざして // PATBOONE~ブラヴォー・パット!パット・ブーンを聴いて:湯川れい子×青木斉彬×関口慧×野口久光~ 』 // 『 特集①:来日スターの人と歌を斬る!』エラ・フィッツジェラルド~昔の”味”に共感:油井正一~ / ニュー・グレン・ミラー楽団~楽しめる音楽:柳生すみまろ~ / ベニー・グッドマン~みられぬ往年の”冴え”:飯塚経世~ / パット・ブーン~大歌手にはこれから:岡部迪子~ // 『 特集②:ミュージカル映画はこうして作られる 』”アスファルト・ガール”の場合:小倉友昭 / “君にも出世ができる”の場合:河端茂 / ハリウッドの場合:柳生すみまろ // 『 堀威夫~舟木一夫を売り出した蔭の男:安倍寧~ 』 // 伸び悩みスターをコーチする~弘田三枝子 、鹿内タカシ 、中尾ミエ 他:砂田実 、岡野弁 、伊奈一男いごう // プレスリーに続くアメリカの”若獅子たち”:木崎義二 // やって来た海の向こうの歌声運動”花はどこに行っちゃったの”:中村とうよう // なにがなんでも買っちまえ~ジャズに強くなるシリーズ:福田一郎~ // ノー・ストリングスの魅力~ボンジュール・ボンジュール:高島忠夫~ // 続々と名盤、優秀盤~64年度ビクター・ウェスタン愛好会:高山宏之~ // 喜怒哀楽:スター・ゴシップ // 海外トピックス // 関西消息 // 『 ヒットパレード・コーナー 』海外誌にみるヒット・ソング:高島弘之 / ラジオにみるヒット・ソング:植木文朗 / 歌謡曲にみるヒット・ソング:三村まこと // 『 ポップス・レビュー 』カンバンに弱い音楽ファン~外タレ・ブームに思う:中村とうよう♭ / JISマーク”のめじろ押し~レコード会社のコンクールから:宇佐美周祐~ // 続カートリッジの話~オーディオ・ガイド:葉山醇一~ // 『 連載小説~夜のテーマ・めぐり逢い:藤島泰輔~ 』 // 『 映画 』ポップス映画劇場:ミステリアスな女キム・ノバク / シネアラカルト:トム・ジョーンズの華麗な冒険 / 5月の日本映画:アスファルト・ガール // 『 レコード 』今月の推薦盤レコード~植木文朗 、永田文夫 、中村とうよう 、林雅諺 、関光夫 、木崎義二 、藤岡公夫~ / 今月のシングル盤レコード:植木文朗 / 今月の歌謡曲新譜レコード:岩花達夫 // 5月のレコード新譜一覧表 』

 

 

注文NO. : Pops640620OtS

価格 : ¥10000

状態 : 背カド微イタミ、裏表紙カド裁断ミス有、裏側カド少オレ

在庫 : 有り

購入数  

1964/6   通巻20   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:デューク・エリントン // 『 口絵 』ミュージカル”ノーストリングス” / ハリー・ジェームス / 来日するデューク・エリントン / フランキー・レイン / キンテート・レアル / ミルバ / 爆発ムードの新リズム・サーフィン / ミュージカル”努力しないで出世する方法” / 人気番組訪問:明日があるさ / 映画・ヤング・ハワイ / 火花を散らす ひばり・チエミ・いづみ / 今月の新人:紫倉麻里子 // 『 ジャズの神様:デューク・エリントンをきこう 』エリントンなくして何のジャズ:原信夫×宮間利之×牧芳雄×野口久光 / デューク・エリントン物語~ニュー・スタイル創始の歴史:油井正一~ / 作・編曲家としての彼~アメリカにおける現代音楽の天才:藤井肇~ / ピアニストとしての彼~人を魅了する素晴らしさ:蔡垂炳~ / 映画・テレビの彼~もっとも創意に満ちた勝訳:柳生すみまろ~ / 栄光ある彼のバンド~他のバンドで真似の出来ない音楽:久保田二郎~ / 彼のレコード~異色のレコーディングと名盤ガイド:中村とうよう~ // 『 ミュージカル時代の開幕 』ムードとテンポで勝負:草笛光子×水谷良重×岡野弁 / ノー・ストリングス:宮地燎三 / 努力しないで出世する方法:河端茂 / 紅毛ミュージカルと国産ミュージカルの谷間:岡野弁 / 六人を乗せた馬車:野上澄男 // 『 リリー横井 三条万里子~海外で名をあげたふたりの大和なでしこ:安倍寧~ 』 // ジュリー マイナス セックス・アッピール イコール ワンダフル~来日するジュリー・ロンドン:湯川れい子~ // 浜口庫之助氏とさぐる”ブームのゆくえ”:宇佐美周祐 // 宝塚五十年と日本のポピュラー界:広瀬勝 // “恋”と”涙”は大安売り~斬り捨てご免ポピュラー題名考現学:志摩夕起夫~ // レコード蒐集グッド・エグザンプル~ジャズに強くなるシリーズ:福田一郎~ // “夢見る想い”ユーロヴィジョン第一位獲得:岡部迪子 // 思い出の”ザッツ・マイ・デザイアー”:高島忠夫 // 喜怒哀楽:スター・ゴシップ // 海外トピックス:福田一郎 // 関西消息:広瀬勝 // 『 ヒットパレード・コーナー 』海外誌にみるヒット・ソング:高島弘之 / ラジオにみるヒット・ソング:植木文朗 / 歌謡曲にみるヒット・ソング:三村まこと // 『 ポップス・レビュー 』”ラ・ノビア”はどこの国の曲?~メロディの国際自由化:中村とうよう~ / ビクターに入社の田辺靖雄~望むレコード会社の主体性:宇佐美周祐~ // アームのいろいろ~オーディオ・ガイド:葉山醇一~ // 『 連載小説~夜のテーマ・湖畔の一夜:藤島泰輔~ 』 // 『 映画 』ポップス映画劇場 / シネアラカルト:明日に太陽を / 6月の日本映画:君も出世ができる // 『 レコード:今月の新譜レコード紹介 』ポピュラー・シングル:植木文朗 / ムード:永田文夫 / シャンソン:藤岡公夫 / ラテン・タンゴ:林雅諺 / ジャズ・フォーク:中村とうよう / ウェスタン:木崎義二 / 映画:関光夫 // 『 六月のレコード新譜一覧表 』

 

 

注文NO. : Pops640721OtS

価格 : ¥8000

状態 : 表紙上部シミ有、スレ、背カド少イタミ、一頁少シミ有

在庫 : 有り

購入数  

1964/7   通巻21   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:アン・マーグレット // 『 口絵 』ペピーノ・ディ・カプリ / ジュリー・ロンドン / ハワイアンを楽しもう / 五万円でできるハワイアン・バンド / トリオ・デルフィネス / ブラザース・フォア / ポールとポーラ / この栄光を噛みしめて:坂本九 / 梓みちよ / 白いジャズと黒いジャズ:D・ブルーベックとO・ピーターソン / ニュー・スランツ誕生:九重佑三子と富松千代志 / 恵子の人気番組訪問:染五郎とともに / 今月の新人:久保浩 // 『 特集:ハワイアンを楽しもう! 』常夏の島 ハワイの音楽:南かおる×遊佐多賀志×早津敏彦 / ハワイアン・バンドを作ろう~とにかく自分で歌い、プレイしよう 楽譜”アロハ・オエ”:山田定邦~ / これだけは聴こう・レコード・ガイド~新譜を中心とした名盤の紹介:早津敏彦いごう // 『 期待される世界ジャズ・フェスティバル 』東洋で初のジャズ・フェスティバル:岡野弁 / 出演するスターの聴きどころ:油井正一 / 見てきたニューポート・ジャズ・フェスティバル:瀬川昌久 // 『 越路吹雪~ミュージカル女優のパイオニア:安倍寧~ 』 // 上陸したニュー・リズム”サーフィン”~話題のサーフィンは爆発するか、横浜のサーフィン地帯、レコード会社、プロダクションをさぐる:定方崇~ // 世界に通ずるか日本のショー・ビジネス~ニューヨークの世界博覧会でハウス・オブ・ジャパンのショーが大好評 その意味するところは:岡野弁~ // 新着プロによるデューク・エリントンの聴きどころ:児島紀芳 // ベラフォンテのすばらしい世界:中村とうよう // ロイ・エイカフ~底抜けに楽しいお山のバンド:高山宏之~ // 悲しきディスク・ジョッキー~斬り捨てご免 題名考現学:志摩夕起夫~ // 五十と三枚でジャズがバッチリ~ジャズに強くなるシリーズ:福田一郎~ // テリア・グランド・ヒット・パレード~聴取者と読者を結ぶページ:木崎義二~ // ビートルズの人気を占う // カンツォーネの大御所モドゥーニョ自作自演の映画 // 『 ポップス・レビュー 』魔人・ローランド・カークに期待する:中村とうよう / ジンを飲みながらうたうジュリー・ロンドン:宇佐美周祐 // ピックアップのトピックス~オーディオ・ガイド:葉山醇一~ // 『 連載小説~夜のテーマ・大人同志:藤島泰輔~ 』 // 『 今月の新譜レコード紹介 』ポピュラー・シングル:植木文朗 / ムード:永田文夫 / シャンソン:藤岡公夫 / 映画:関光夫 / ジャズ・フォーク:中村とうよう / ラテン・タンゴ:林雅諺 / ウェスタン:木崎義二 / 歌謡曲:岩花達夫 // 海外トピックス // ポップス映画劇場 // 『 ヒット・ソング 』海外誌 / ラジオ / 歌謡曲 // 『 七月のレコード新譜一覧表 』 他

 

 

注文NO. : Pops640924OtS

価格 : ¥8800

状態 : 表紙・背カド微イタミ、カド微オレ

在庫 : 有り

購入数  

1964/9   通巻24   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:ジェニー・ルナ // 『 口絵 』ジミー・グリフィン / アル・ハート / 第一回世界ジャズ・フェスティバル / 音楽映画がいっぱい:キッスン・カズン 他 / ジェリー・マリガン / ハワイの日本人~森繁久弥 、ザ・ピーナッツ 、梓みちよ 他~ / キム・シスターズ / 谷由美子 / 小宮恵子 / フェスティバルのスターたち // 『 特集:アメリカのミュージック・ロードを往く! 』ヒット・ソングは作られる~アメリカのポピュラー界:高崎一郎~ / 大流行のスイム~アメリカのニュー・リズム:渡辺美佐~ / マイルスは破滅型~アメリカのジャズ:岡野弁~ / さすがは本場のウェスト・再度物語~アメリカのミュージカル:水野和夫~ // 『 フェスティバル 』やって来る二つのフェスティバル~カンツォーネ・フェスティバル:石田豊 、ラテン・フェスティバル:中村とうよう~ / 鮮明なジャズのビジョンを~期待される第一回大阪ジャズ・フェスティバル:広瀬勝~ / 大阪ジャズ界が実力を示す時~油井正一 、古川益雄 、北村睦雄 、義則忠夫 、北野タダオ~ // 努力しないでミュージカルを楽しむ方法:須川栄三×小倉友昭 // 田舎の汽車がドンチュッチュ~ポピュラー題名考現学:志摩夕起夫~ // ディスコグラフィとは何ぞや~ジャズに強くなるシリーズ:福田一郎~ // 『 ポップスレビュー 』文化国家の看板が泣く”入場税”:中村とうよう / 姿勢を正しくことばをはっきり:宇佐美周祐 // ターン・テーブルの選び方~買物案内・オーディオ・ガイド:葉山醇一~ // ジム・リーヴスよ安らかに:木崎義二 // 『 ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ 』熱狂的なファンが殺到!:高島弘之 / 印象的なカメラ・ワーク:伊藤強 // 世界ジャズ・フェスティバル・ハイライト:児島紀芳 // 夜のテーマのテーマについて:藤島泰輔 // 『 中村八大~日本脱出を決意した男:安倍寧~ 』 // 『 今月の新譜レコード紹介 』ポピュラー・シングル:植木文朗 / ムード:永田文夫 / 映画:関光夫 / ジャズ・フォーク:中村とうよう / ラテン・タンゴ:林雅諺 / ウェスタン:木崎義二 / 歌謡曲:岩花達夫 // 海外トピックス // ポップス映画劇場:百万ドルスターを女房にした男 // 『 ヒット・ソング 』海外誌 / ラジオ / 歌謡曲 // テリア・グランドヒットパレード // 『 八月のレコード新譜一覧表 』 他

 

 

注文NO. : Pops651141OtS

価格 : ¥10000

状態 : 少ホコリシミ有、背カド・裏表紙カド少イタミ、一枚オレ、カド少オレ

在庫 : 有り

購入数  

1965/11   通巻41   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:エルヴィス・ゴールデン・ストーリー上巻 // 『 口絵 』フランク・シナトラ / メリー・マーティン / ハロー・トーキョー!:ハロー・ドーリー! / ザ・ブラザース・フォア / ボビー・ソロ / ウィルマ・ゴイク / トミー・ドーシー・オーケストラ / パイド・パイパース / チャーリー・シェヴァース / フランク・シナトラ・ジュニア / スタンリー・ブラック / サム・テイラー / エドワルド・ファルー / 田代美代子 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ポピュラー・ヴォーカル:鈴木道子 / ポピュラー・インスツルメンタル:植木文朗 / ジャズ:油井正一 / シャンソン:藤岡公夫 / 映画:岡部迪子 / フォーク・ソング:中村とうよう / カンツォーネ:青木啓 / ミュージカル:牛窪成弘 / ムード:永田文夫 / タンゴ:大岩祥浩 / ウェスタン:藤井肇 / ラテン:林雅諺 / シングル:大一枝 / 歌謡曲:岩花達夫 // 『 ポピュラー・ヴォーカル:ロック派シングル~青木啓 、鈴木道子 、福田一郎~ // 『 ロックンロール三つの話題 』エルヴィス十年目の天気~映画スター歌手か?十年目を迎えたプレスリーの身辺をさぐる:桜井ユタカ~ / フォーク・ロック、ヒット・パレード界を独占?~ビルボード、キャッシュ・ボックス最近の話題から:朝妻一郎~ / レコードと一緒にエレキを弾こう!~エレキ練習用レコードをどう活用したらよいか:土江秀明・吉橋和夫~ // 『 特選ムード・レコード 』ポピュラー・ラテン・フォーク:永田文夫 / スクリーン:岡部迪子 / ミュージカル:柳生すみまろ / ムード・オーケストラ・プロフィール:鈴木道子 // 『 “ハロー・ドーリー!”立ち込める”女王”の号かな雰囲気:メリー・マーティン会見記 』 // 『 みごと浮彫りされたマーティンの貫禄:有馬稲子 // カンツォーネの特徴~カンツォーネ講座:荒井基裕~ // ハリウッドのセクシー・スター:水野和夫 // 『 今月の広場 』新しい日本の歌に意欲~はなやかなリサイタル・ブーム:森田潤~ / コロムビアに新しレーベル続々登場 // ポピュラー20年史を終わって~伊藤強 、伊奈一男 、小倉友昭 、森田潤~ // 音キチのためのレコード・ガイド:岡田諄 // 最近の輸入カートリッジ~オーディオ・ガイド:葉山醇一~ // 『 坂本九~激動するロック界を生き抜いたスター:安倍寧~ 』 // POINT SIX 』スター・クラブ実況盤:朝妻一郎 / エリート・ジャズ・シリーズ:児山紀芳 / ファウスト・パペッティ:小川正雄 / チェット・アトキンス:鳥居敬 / パティ・ページ:藤井肇 / ハーマンズ・ハーミッツ:山村あきら // 海外トピックス // ヒット・パレード・コーナー // 映画音楽作曲家 他

 

 

注文NO. : Pops690381OtS

価格 : ¥7600

状態 : 一枚キリトリ有(新譜一覧の頁?)、カド少オレ

在庫 : 有り

購入数  

1969/3   通巻81   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:サド・ジョーンズ // 『 口絵 』ニュー・クリスティ・ミンストレルス / ボビー・ジェントリー / マーヴィン・ゲイ / タミー・テレル / バーブラ・ストレイザンド / ハービー・マン / ニーナ・シモン / パット・ブーン / ニュー・クリスティ・ミンストレルス / オーストラリアのスターたち / シル・オースチン / ロス・トレス・ディアマンテス / 伊藤日出夫 / 佐良直美 / 100人のストリングスによる超大型ムード / さかんなフォーク・コンサート // 『 特集:アメリカン・ポピュラーふたつのルート 』ふたつの音楽にみる現代アメリカ:中村とうよう / カントリー路線を行くポップ・スター:高山宏之 / C & WR & Bの接点:木崎義二 / C & Wベスト・アーティスト:竹内吉明 / 心のふるさとC & W // 『 ブルーベックは復活したか~新連載・現代のジャズメン:栗村政昭~ 』 // 『 日野皓正 ジャズ界をリードする新しいヒーロー~日本のジャズメン:相倉久人~ 』 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / ムード:鈴木道子 / ラテン・フラメンコ:永田文夫 / ビート:朝妻一郎 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / フォーク:中村とうよう / シャンソン:藤岡公夫 / カンツォーネ:荒井基裕 / タンゴ:大岩祥浩 / スクリーン:岡部迪子 / シングル:水野さちこ / 録音評:岩崎千明 // 『 ポップ界の天才詩人ポール・サイモン:田口隼彦 』 // 『 サン・レモ速報:河合秀朋 』 // 『 黒人タレントは来日出来ない?~対談・音楽記者の報告書:藤中治 、森田潤~ 』 // 『 ソウル・レディ~ニーナ・シモン:三橋一夫~ 』 // 『 サイケ・サウンドのための新兵器:野上昇 』 // 『 ギター楽譜 』リムジガン / 七つの水仙 / シン・フェ // 『 テープの録音と再生~テレコに強くなろう:藤岡誠~ 』 // テープ・ニューズ:葉山醇一 // 海外トピックス // 関西消息:広瀬勝 // 佐藤桂子のスペイン舞踊:白浜研一郎 // ドン・ホーとジ・アリイス解散:早津敏彦 他

 

 

注文NO. : Pops690684OtS

価格 : ¥8000

状態 : 背少スレ、カド少オレ

在庫 : 有り

購入数  

1969/6   通巻84   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:パット・ブーン // 『 口絵 』パット・ブーン・ファミリー / オズモンド・ブラザーズ / ペギー・シーガー / イワン・マッコール / ライオネル・ハンプトン / パット・ブーン / ザ・プラターズ / タミコ・ジョーンズ / レイ・プライス / エドムンド・ロス楽団 / 太陽とサボテンとギターの国メキシコ:中林淳真 / スイート・チャリティ:岡部迪子 / ヤマハ・ミュージック・キャンプ // 『 ヤングメンの求めている音楽は何か 』ぼくら良識派はうたう~リガニーズ 、ビリー・バンバン 、岡野弁~ / ロゴスを求めて~岡林信康 、遠藤賢司 、中川五郎 、この三様のあり方について~ / アンチ関西という名の東京:インタヴュとアンケートにみる / アメリカのキャンパス・コンサートをさぐる:岡野弁 // 『 オーネット・コールマン:永久革命者の挫折~現代のジャズメン:浜野サトル~ 』 // 『 渡辺貞夫:ジャズの底辺を拡げた男~日本のジャズメン:相倉久人~ 』 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / ムード:鈴木道子 / ビート:朝妻一郎 / フォーク:三橋一夫 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / ラテン・フラメンコ:永田文夫 / タンゴ:大岩祥浩 / シングル:水野さちこ / シャンソン:藤岡公夫 / スクリーン:岡部迪子 / カンツォーネ:荒井基裕 / 録音評:岩崎千明 / ハワイアン:早津敏彦 // 『 ニュー・ロック、ニュー・ロックというけれど:朝妻一郎 』 // ニュー・ロック・スター・ラウンドアップ:大森庸雄 // 『 プラターズ、キングトーンズの楽しい語らい~ハーバート・リード 、内田正人~ 』 // 『 ギター楽譜 』時には母のない子のように / 行かないで / // 『 ハロー!ミスター・アンプリファイア~ステレオ・スコープ:藤岡誠~ 』 // テープ・ニューズ:葉山醇一 // 海外トピックス // 関西消息:広瀬勝 // 日本で活躍をはじめたファウスト・チリアーノ 他

 

 

注文NO. : Pops690785OtS

価格 : ¥8000

状態 : 裏側カド微オレ

在庫 : 有り

購入数  

1969/7   通巻85   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:ジェスロ・タル // 『 口絵 』ブーツ・ランドルフ / ライオネル・ハンプトン / ジャニス・ジョプリン / ディーン・マーティン・ショー / “ヘアー” / たくましきエンタテイナーたち”シューベルツ” / ナンシー・ウィルソン / シャルル・トレネ / パンパとギターの調べ”アルゼンチン” / ハウス・ロッカーズ // 『 特集:歌は生きている! 』”ヘアー”ブロードウェイに爆発したロック爆弾:秋山邦晴 / “都市の論理”とフォーク・ソング:三橋一夫 / “時には母のない子のように”をめぐって~ニュー・ロック・スター・ラウンドアップ:大森庸雄~ // 『 女性ヴォーカリストを片っ端から聞こう:青木啓 』 // 『 優雅なマイ・ペース ナンシー・ウィルソン~インタヴュ:牛窪成弘~ 』 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / ムード:鈴木道子 / ビート:朝妻一郎 / カンツォーネ:荒井基裕 / シャンソン:藤岡公夫 / フォーク:三橋一夫 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / ラテン・フラメンコ:永田文夫 / スクリーン:岡部迪子 / タンゴ:大岩祥浩 / シングル:水野さちこ / 録音評:岩崎千明 / ハワイアン:早津敏彦 // 『 マイルス・デヴィス~現代のジャズメン:油井正一~ 』 // 『 悲劇のフォーク・ロッカー~ボブ・ディラン:田口隼彦~ 』 // 『 原点としてのトラディショナル~フォーク・ソング・コレクターズ・アイテム:中村とうよう~ 』 // ハワイアン新分布図~ポピュラーに押されるティピカ・スタイル:早津敏彦~ // カンツォーネ・トピックス:第二回コンクール、ディスク速報 // FMこれは得だよ!~FNを聞くときの予備知識:藤岡誠~ 』 // テープ・ニューズ:葉山醇一 // 海外トピックス // 関西消息:広瀬勝 他

 

 

注文NO. : Pops691189OtS

価格 : ¥8000

状態 : 一頁微カキコミ有

在庫 : 有り

購入数  

1969/11   通巻89   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:BBキング // 『 口絵 』レモン・パイパーズ / ジリオラ・チンクエッティ / メリー・ホプキン / ロミナ・パワー / アル・バーノ / ディジー・ガレスピー / ニューハード・オーケストラ / シャープス・アンド・フラッツ / 小松原庸子 / エドゥアルド・モンテロ / フランク・アイフィールド / 発足したグリーン・シティ / 日本ロック・フェスティヴァル / 猪俣猛 / 日野皓正 / 渡辺貞夫 // 『 特集:イギリスのニュー・ロックに注目! 』イギリスのポピュラーとイギリス人気質:福中重三×牛窪成弘 / イギリスのニュー・ロックはブルースだらけ~亀渕昭信 、桜井ユタカ 、福田一郎 、朝妻一郎~ / イギリスのブルース変遷図:大森庸雄 // 『 ものみな歌となるとき~都市の論理とフォーク・ソング・最終回:三橋一夫~ 』 // 『 日本のフォーク・ソングを分類すると:田口隼彦 』 // 『 フォーク・ソングに何ができるか より 』 // 『 たちあがった日本のロックンローラー~第一回日本ロック・フェスティヴァルの舞台裏:福田一郎~ 』 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / ムード:鈴木道子 / フォーク:三橋一夫 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / ラテン・フラメンコ:永田文夫 / ビート:朝妻一郎 / スクリーン:岡部迪子 / カンツォーネ:荒井基裕 / シャンソン:藤岡公夫 / タンゴ:大岩祥浩 / シングル:水野さちこ / 録音評:岩崎千明 // 『 セロニアス・モンク~孤高を守る修道僧・現代のジャズメン:和田則彦~ 』 // 『 ディジー・ガレスピー大いに語る~ペットを吹くきっかけになったのはジャボー・スミスなんだ:油井正一~ 』 // 『 ギター楽譜 』輝く星座 / フール・オン・ザ・ヒル / ダウン・バイ・ザ・リヴァーサイド // 『 英国フェアでのオーディオ:藤岡誠 』 // テープ・ニューズ:葉山醇一 // 海外トピックス // 関西消息:広瀬勝 // ハワイアン・ニュース 他

 

 

注文NO. : Pops691290OtS

価格 : ¥8000

状態 : 裏側強オレ、カド少オレ、背微スレ

在庫 : 有り

購入数  

1969/12   通巻90   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:ディジー・ガレスピー // 『 口絵 』キングストン・トリオ / ニューポート・オール・スターズ / サラ・ヴォーン / レターメン / イタリアン・フェスティヴァル / キングストン・トリオ / マランド楽団 / クリフ・リチャード / エンリコ・マシアス / ミュージカル・アカデミー / ファン・カンバレリ楽団 / ディジー・ガレスピー / サラ・ヴォーン / ニューポート・オール・スターズ // 『 特集~ずばり問題点をつく!:日本ポピュラー界の現状と将来~ 』日本のポピュラー界を推進する力:鶴見良行 / 狂気の組織者よ、造反せよ!:相倉久人 / 日本のフォーク・シンガーを斬る!:三橋一夫 / おれたちの手でロック・エイジを~かまやつひろし 、内田裕也 、木崎義二~ / 日本のジャズ・レコードを作る人々の発言 / 鳥飼さん、ゲリを直して旅に出ます:岡林信康 / 盛んなロック・フェスティヴァル:大森庸雄 // 『 フォーク下痢等ちゅうな話であるが これを英語でいうとFolk-Diarrhea and Other Storiesとなる:加藤和彦 』 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / ムード:鈴木道子 / フォーク:三橋一夫 / ビート:朝妻一郎 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / ラテン・フラメンコ:永田文夫 / スクリーン:岡部迪子 / カンツォーネ:荒井基裕 / シャンソン:藤岡公夫 / タンゴ:大岩祥浩 / シングル:水野さちこ / 録音評:岩崎千明 // 『 加かつみ”ヘアー”を語る:インタヴュ 』 // 『 セシル・テイラーの世界~現代のジャズメン・最終回:清水俊彦~ 』 // 『 ギター楽譜 』悲しみは駆け足でやってくる / ひとり寝の子守唄 / 二人のために / しあわせの朝 // 『 ボーナスで買えるステレオ・コンポーネント:藤岡誠 』 // 情念の爆発をみた~フラメンコと早稲田小劇場:白浜研一郎~ // テープ・ニューズ:葉山醇一 // 海外トピックス // 関西消息:広瀬勝 // ディスク・インタヴュ // コンサート評 // グランプリ”赤い鳥”に第三回LMC // 日本コロムビアにアルファー・レーベル登場 他

 

 

注文NO. : Pops700292OtS

価格 : ¥7400

状態 : 背少スレ

在庫 : 有り

購入数  

1970/2   通巻92   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:日野皓正 // 『 口絵 』ヴィッキー / トム・ジョーンズ / ボビー・ジェントリー / レターメン / ジェファーソン・エアー・プレイン / ピンク・フロイド / クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル / ソニア・ローザ / 日野皓正 / 渡辺貞男 / トム・ジョーンズ / ゲイリー・ルイス / 天使のコイン / ブレンダ・リー // 『 特集:これが’70年話題のミュージシャン 』’70年のポピュラー界を展望する~座談会:青木啓 、浮田周男 、野口久光~ / トム・ジョーンズ~ウェールズの血が歌に演技に生活に:岡野弁~ / ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ~冷徹な目が生み出す異端のロック・サウンド:松平朗~ / グレン・キャンベル~憂愁の表情で歌うマインド・ソング:高山宏之~ / エルヴィス・プレスリー~歌そのものをじっくり聞かせる”歌手”:木崎義二~ / ホセ・フェリシアーノ~強烈なパーソナリティを武器に:永田文夫~ / セルジオ・メンデス~ブラジル’66から’70への道:大島守~ / ジャニス・ジョプリン~人間がうたうということ:福永陽一郎~ / フィフス・ディメンション~ハードなフィーリングの中にソフトなムードが:村井邦彦~ / 70年のポピュラー界をやぶにらむ~日本ポップス界五つの予言:北山修~ // 『 怨歌へのふだんの愛情:平岡正明 』 // ホノルルみたりきいたり:早津敏彦 // 飛躍の一瞬がここに~山下洋輔トリオ”コンサート・イン・ニュー・ジャズ”をめぐって:浜野サトル~ // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / ムード:鈴木道子 / フォーク:三橋一夫 / ビート:朝妻一郎 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / ラテン・フラメンコ:永田文夫 / スクリーン:岡部迪子 / シャンソン:藤岡公夫 / シングル:水野さちこ / 録音評:葉山醇一 // 『 音楽における”日本”とは何か~私の発言:佐藤允彦~ 』 // 『 似ているということ:下重暁子 』 // 『 言語道断の日本版”ヘアー”:牛窪成弘 』 // 『 楽譜 』ウィチタ・ラインマン / 涙のくちづけ / ラヴ・ミー・トゥナイト / アンド・ホエン・アイ・ダイ // テープ・ニューズ:葉山醇一 // ニューズ・フラッシュ:福田一郎 // オーディオ新製品紹介:藤岡誠 // 関西から:広瀬勝 他

 

 

注文NO. : Pops700393OtS

価格 : ¥8000

状態 : 背少スレ、背カド少イタミ

在庫 : 有り

購入数  

1970/3   通巻93   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:ヘレン・メリル // 『 口絵 』ボビー・シャーマン / スプーキー・トゥース / メリーウェザー / バート・バカラック / アル・クーパー / メラニー / ローラ・ニーロ / ナンシー・シナトラ / デューク・エリントン / アート・ブレイキー / ラムゼイ・ルイス / サム・アンド・デイヴ / ロック・フェスティヴァル / “冬物語”ホセ・ミゲル / サラ・レサーナ // 『 特集:70年代ポピュラー界への提言 』エーテルの中を泳ぐオルムよ:小中陽太郎 / 非体制の空間にさまよう日本のロック:水上はる子 / 70年代こそほんものの民衆の歌を~フォーク・ソングの行方を追う:三橋一夫~ / ビートルズから新宿・西口広場まで~音楽における創造と表現の自由について:竹中労~ / 70年代の主流は”楽しめる音楽”:朝妻一郎 / ややはやめの70年代音楽の総括~ねむられぬ夜の与太話:平岡正明~ // 『 これが今話題のソング・ライターだ!:鈴木道子 』バート・バカラック / ジム・ウェッブ / ローラ・ニーロ / ロッド・マックィーン / ニルソン // 『 ザ・バンド:八木誠 』 // 『 来日ジャズメンのうらおもて~いソノてるヲ 、瀬川昌久 、油井正一~ 』アート・ブレイキー / デューク・エリントン / ラムゼイ・ルイス // 『 日常の生活感性との関わりについて:安達元彦 』 // 『 “レッド・ツェッペリンⅡ”~レコード随想:岩崎とよ子~ 』 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / ムード:鈴木道子 / フォーク:三橋一夫 / ビート:朝妻一郎 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / ラテン:永田文夫 / スクリーン:岡部迪子 / シャンソン:藤岡岡夫 / シングル:水野さちこ / 録音評:葉山醇一 / タンゴ:大岩祥浩 / カンツォーネ:荒井基裕 // 『 ブロードウェイ進出か~オリジナル・ミュージカル”スカーレット”:牛窪成弘~ 』 // 『 ふたたび”ヘアー”を考える:白浜研一郎 』 // 『 楽譜 』ヒア・アイ・アム / カム・トゥゲザー / マッカーサー・パーク // オーディオ新製品紹介:藤岡誠 // テープ・ニューズ:葉山醇一 // 万博だより”頭の痛いポピュラー部門”:伊藤強 他

 

 

注文NO. : Pops700797OtS

価格 : ¥8000

状態 : カド少オレ

在庫 : 有り

購入数  

1970/7   通巻97   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:スティヴ・スワロー // 『 口絵 』レイ・チャールズ / アンディ・ウィリアムス / ラヴィ・シャンカール / マイルス・デヴィス / アンディ・ウィリアムス / オズモンド・ブラザース / イアンとシルヴィア / 映画:ウッドストック / ジョージ・チャキリス / ウガンダ! / ジルベール・ベコー // 『 特集:アメリカを脱出したジャズ・シーン 』これがヨーロッパのジャズだ!~内田修×油井正一~ / ヨーロッパのジャズ界を俯瞰する:ホルスト・ウェーバー / レコードに聞くヨーロッパ・ジャズの世界:岩浪洋三 / 来日するジャン・リュック・ポンティ:瀬川昌久 / 道を急ぐことはない:浜野サトル / 日野皓正・相倉久人ジャズを語る:日野皓正×相倉久人 / 渡辺貞夫海外での抱負を語る / ヨーロッパ・ジャズの土壌:アレックス・マランプレ // 『 アルバムでは得られないドノヴァン:三橋一夫 』 // 『 嵐の前のサミー~アメリカのヴォーカリスト:牛窪成弘~ 』 // 『 青江三奈論 あとはおぼろ・・・:相倉久人 』 // 『 ブロードウェイの市川染五郎~インタヴュ:河端茂~ 』 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / シャンソン:藤岡公夫 / フォーク:三橋一夫 / ビート:大森庸雄 / ムード:鈴木道子 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / ラテン・フラメンコ:永田文夫 / スクリーン:岡部迪子 / シングル:水野さちこ / 録音評:葉山醇一 // 『 ジョン・ケージの歪んだ曲面で曲折するタミュリスの日々:川津佑介 』 // 『 ロックと大衆運動の間:水上はる子 』 // 『 楽譜 』モーニン / 恋よ、さようなら / 雨にぬれても // ラヴィ・シャンカールを聞いて:小室等 // オーディオ新製品紹介:藤岡誠 // テープ・ニューズ:葉山醇一 // 関西消息:広瀬勝 // フォーク・ブルースを弾こう:斉藤俊一 他

 

 

注文NO. : Pops700999OtS

価格 : ¥7400

状態 : 背少スレ、背カド微イタミ、カド少オレ

在庫 : 有り

購入数  

1970/9   通巻99   音楽之友社   POPS/ポップス 』

表紙:ルー・ロウルズ // 『 口絵 』ライトハウス / レイ・チャールズ / メリー・ホプキン / ティム・ハーディン / ニューポート・ジャズ・フェスティバル / “レット・イット・ビー” / ごきげんなリンゴ / ライトハウス / アンドレア・マルコヴィッチ / ミルバ / “ねむジャズ・イン” / ドノヴァンとオープン・ロード // 『 特集:日本のポピュラー界の現状をつく 』スター不在の季節こそ~日本のフォーク界の状況をみる:三橋一夫~ / ロックを植えつける!~日本のロック界の現状:中村とうよう~ / ジャズ・・・密室のなかの祭り:シンポジウム~青木保 、林光 、山下洋輔 、相倉久人~ / 音楽の未来像~中未来の音楽の聴き方は?:和田則彦~ // 『 北島三郎論仁義控:相倉久人 』 // 『 カメ & アンコーのニューポート・ジャズ・フェスティヴァルみたまま~亀渕昭信×斉藤安弘~ 』 // 『 アンディを超えて~アメリカのヴォーカリスト・最終回:牛窪成弘~ 』 // 『 表現の不在からの出発~ジャズ・・・場・・・私:浜野サトル~ 』 // 『 “国境の町”からはじまって:熊倉一雄 』 // 『 ニュー・ディスク・レビュー 』ヴォーカル:青木啓 / ジャズ:油井正一 / フォーク:三橋一夫 / ビート:大森庸雄 / ムード:鈴木道子 / カントリー・アンド・ウェスタン:高山宏之 / ラテン・フラメンコ:永田文夫 / スクリーン:岡部迪子 / カンツォーネ:荒井基裕 / シャンソン:藤岡公夫 / シングル:水野さちこ / 録音評:葉山醇一 // 『 フォーク・ソング・コレクターズ・アイテム・シリーズ:高山宏之 』 // 『 楽譜~幸福はパリで 、ママ・トールド・ミー 、雨の訪問者~ 』 // 四分の三半音階のアラビア音楽:白浜研一郎 // ポピュラー音楽とオーディオ:藤岡誠 // テープ・ニューズ:葉山醇一 // 関西消息:広瀬勝 他

 

HOMEへ

注文方法